KANDO

採用情報

先輩社員の声

現場監督はラクじゃない。そのぶん、やりがいも大きい。

導管事業本部 湘南営業所 深谷 竜太(2011年入社)

ガス管の安全を守る、現場の責任者として。

現在の仕事内容は、ガス管修繕の現場監督。ガス管は通常、3年ごとに定期点検をしているのですが、その際にガス漏れなどが確認された場合、私たちがガス管の修繕や取り替えを行います。監督の仕事としては、どういう方法で対処するかを考え、実際に工事を行う協力会社に伝達。近隣の方々への挨拶や説明、現場の安全管理なども重要な仕事です。入社後、最初の1年間は先輩監督について仕事の流れを一から学びます。2年目に試験を受けて合格すれば、現場監督として独り立ちできるのですが、施工を担当する親方たちは自分よりも明らかに経験豊富。意見の食い違いなどで苦労することもあったのですが、粘り強くコミュニケーションをとり、自身も経験を積んでいくことで、監督として信頼されるようになってきました。

風通しのよい環境とお客さまの安心が、大きな支え。

現場監督は、決してラクな仕事ではありません。暑さ、寒さはもちろん、工事現場近くに住む方から厳しい言葉をいただくこともあります。一方で、ライフラインを支え、安全を守るという仕事であるため、工事完了のご挨拶に伺ったとき、感謝されることもしばしば。そんなときはやっぱり、大きなやりがいを感じます。あと、苦労した現場ほど思い入れがあり、その現場を通るたび、「あのときはタイヘンだったな~」と当時のことを思い出しますね(笑)。ある程度の経験を積むことで、いまでは難しい仕事もまかされるようになりました。カンドーの魅力でもあるのですが、気軽に相談できる先輩が多く、どんな時でもサポートしてもらえるという安心感が、自身の成長につながっていると思います。

  • 導管事業本部 湘南営業所 深谷 竜太
  • 設備事業本部 新東京営業所 金田 夏樹
  • NTT・都市設備事業本部 首都圏事業部 営業グループ 鈴木 謙介
  • 設備事業本部 千葉営業所 営業設計チーム 松﨑 祐未子
  • 事業所一覧
  • お客様窓口
  • ガスと住まいのコンシェルジュ TOKYO GAS LIFEVAL
  • エネフォーム