KANDO

女性活躍推進について

カンドーでは、女性がイキイキと活躍できる職場を目指して、”行動計画”を策定致しました。

これまで、営業設計職での採用拡充や出産休業・育児休業制度の利用促進などに積極的に取り組んで参りました。
今後は女性管理者の登用を積極的に進めることとし、「女性の活躍できるフィールド拡大」及び「女性のキャリアアップ形成」に重点的に取り組んで参ります。

1.女性活躍推進の行動計画

Ⅰ.計画期間

2016年4月1日 ~ 2021年3月31日

Ⅱ.当社の課題と目標、主な取り組み内容

目標① 新卒採用における女性採用割合を30%以上にする

課題新卒採用における女性採用割合が低い(2014~2016年度 平均25%)

取組み
内容
現役の技術系女性社員から技術職の『やりがい』や『おもしろさ』をヒアリングし、女性が活躍できる職場であることを求職者に積極的にアピールする
技術系女性社員と採用担当との連携を密にし、課題の把握と改善に努める

目標② 現場職に配置する女性の割合を6%以上にする

課題女性が従事する職務が男性と比較して限定されている(現場職に従事する女性社員 2016年現在 18人)

取組み
内容
現場部門と連携し、女性が活躍できる新たなフィールド・業務内容・キャリアアップ形成について検討し、更なる活躍の場を提案する
仕事と子育ての両立支援について検討する
技術系女性社員と人事部門との懇談会を実施し、社員同士の交流を深める

目標③ 管理職に占める女性社員の割合を3%以上にする

課題女性の管理職がいない

取組み
内容
女性社員との面談の場で将来的なキャリアプランについて聞き取り、意識向上に繋げる
女性社員の管理職候補を対象として、管理職育成を目的としたキャリア研修を実施する

詳細についてはこちらをご確認ください

2.女性活躍推進に関する情報

  • Ⅰ.採用した労働者に占める女性労働者の割合(直近5カ年)

      男性 女性
    大学・大学院卒 74.70% 25.30%
    高卒 95.00% 5.00%
  • Ⅱ.男女別の採用における競争倍率(直近5カ年)

    男性 女性
    11.6倍 9.8倍
  • Ⅲ.有給休暇取得率

    63.30%(直近事業年度)

3.女性活躍推進のための主な制度

Ⅰ.妊娠・出産に関する制度

●通院時間の確保

妊娠中および出産後1年以内に健康診査および保健指導を受診する場合、通院のための休暇を付与する

●休憩時間の確保

妊娠中の女性社員の身体への負担を軽減するため、本人からの申し出により適宜休憩時間を付与する

●通勤緩和、勤務時間の調整

妊娠中の女性社員からの申し出により、1日1時間の範囲で始業時間・終業時間の調整が可能

●時間外・休日・深夜労働の免除

妊娠中および出産後1年以内の女性社員から申し出があった場合、時間外・休日・深夜労働を免除する

●健康診査による指導

妊娠中および出産後1年以内に受けた健康診査等での指導内容が守れるように、適宜、作業の軽減・勤務時間の短縮・休業等の措置を認める

●出産休業

産前6週間(多胎妊娠の場合14週)、産後8週間の休暇を取得できる

●配偶者出産休暇

配偶者が出産するとき、3日間の特別休暇を付与

Ⅱ.育児に関する制度

●育児休業

子が1歳になるまで、育児休業が取得が可能。また、保育所等への入所が叶わない場合等の事情により、最長で子が2歳に達する年度の年度末まで延長できる。

●育児短時間勤務

最長で子が小学校に入学するまで、2時間の勤務時間短縮が可能

●所定外・深夜労働の免除、時間外労働の制限

子が小学校に入学するまで、所定外・深夜労働の免除の申請、および月間24時間・年間150時間を超える時間外労働の免除の申請が可能

●子の看護休暇

子が小学校に入学するまでに病気やケガをして看護が必要な場合に、年次有給休暇とは別に、子1人の場合は年間5日、2人以上の場合は10日まで、半日単位で休暇の取得が可能

女性先輩社員の声

「この業界を変えたい!女性社員を増やしたい!」

ガス導管工事は、地中に埋められているガス管の新設工事や、古いガス管から新しいガス管に取り替える工事を主に行っています。私が担当している道路舗装業務は、それらの工事が終了して1~2カ月後に、工事後の道路をきれいに舗装し直す工事です。
建設業界は男性が多いので、女性が入ることによって「この業界を変えたい!女性社員を増やしたい!」と思いました。普段の仕事では、女性だからできること、役立つことをみつけられる所が一番のモチベーションアップにつながっています。

神奈川営業所 野澤 美咲さん
(2017年4月入社)

「誇れる働き方が、職場の理解に繋がる」

入社時は、主に建物内のガス配管の設計をしていました。当時はまだまだ女性の技術職が少ない時代でしたが、お客様からは優しくしていただいたことを覚えています。
現在は、3人の子どもを育てながら1日6時間勤務の時短勤務制度を利用しています。職種も、施工管理職のサポート業務として主に竣工書類の作成を担当するようになりました。
子どものことで急に早退する場合もありますが、職場のメンバーが協力的で助けられています。その分、自分もいい加減な働き方はできませんね。誇れる働き方をする私がいて、それを理解してくれる人がいて、今の働き方ができていると思います。

横浜営業所 物見 麻衣子さん
(2001年4月入社)

※写真はイメージです

  • 新卒採用
  • キャリア採用
  • カンドーの新しい挑戦
  • 女性活躍推進について